借り入れ件数が多くてもまとめられる?

現在利用中のローン件数が多い場合は「おまとめローンを利用することができるのだろうか。」と不安な気持ちになるかもしれません。一つのローンで限度額いっぱいまで借りたらまた違うローンに申し込みをするということを繰り返していると、いつの間にか複数ローンを利用することになっていたということはよくあることです。

 

今は貸金業法の総量規制で貸金業者からの借り入れは年収の3分の1までと決まっていますので、そのリミットまで借り入れすればどうやってもそれ以上は借りられないということになります。

 

複数のローンを利用していると、毎月返済する額が大きくなって負担を感じることもあるでしょう。また1か月の間に何度も返済の準備と手続きをすることが大変な場合も多いのです。

 

しかしあまりに借り入れ件数が多ければ、おまとめローンを利用することができるのかどうか、と不安になるかもしれませんね。おまとめローンでももちろん他のローンと同じように審査を行います。審査が可決になればおまとめローンを利用することができますし、そうでなければ利用できないということになります。

 

借入件数ももちろん審査時にはチェックされるでしょうが、借入総額が重要なポイントとなるでしょう。おまとめローンでは借入総額を一社で借りて、現在のローンを一旦返済してしまう、その後まとめた一社に返済を続けていく方法となります。まとめた一社は大きな金額を貸すことが多くなるわけですから、審査は慎重に行わざるを得ません。

 

借入件数が多くてもまとめられるかどうかは、申し込み者の方とその借入総額や収入などあらゆる属性を審査して決定されることですから、審査に申し込んでみないと分からないということになります。しかし、借入件数が多く返済に遅れがちで延滞記録などが残ってしまっていると、どんなローンに申し込みをしても可決にはならないと思っておいたほうがよさそうです。
もっと詳しくは・・・おすすめの借入先は?

こんなおまとめローンでまとめよう

今ローンを利用しているだけにおまとめローンに対する理想は高く、希望は多くなってしまうことは無理もありません。できるだけ返済額を少なくし、早く完済してしまいたい、この希望を叶えることができるローンを一生懸命探していらっしゃることでしょう。

 

まとめる時には失敗したくない!と考えてしまいますが、あまりに希望を多くしすぎるのもよくありません。まとめるメリットを十分に理解し、自分にとってどのまとめ方が良いのかを検討しましょう。

 

おまとめローンが登場して以来様々な金融機関が取り扱いをしています。またカードローンやフリーローンなどをおまとめローンとして現在の借り入れを一つにする方法として利用できる場合もあります。カードローンやフリーローンでも大きな限度額かつ低金利のものが登場していますので、おまとめローンとして利用しても利息が減らせるものもたくさん見つかるはずです。

 

しかし、おまとめローンにはおまとめローンならではの特徴があることも多いのです。そもそもおまとめは完済を目標とする方のための方法ですから、さらに追加で借り入れができなくなっている商品も多いのです。追加借り入れができなければ最初にまとめた借入額からは減っていくしかありません。この場合は他のローンを利用しないという強い意志のもと返済のみを続けて行くことになるのです。

 

どのようなおまとめローン商品を選ぶにしても、あるいはカードローンやフリーローンなどでまとめて行くにしても、利用者の方の完済しようという強い決意がなければ他のローンをまた借りてしまったり、追加借り入れをしてしまったりとおまとめの意味を失くしてしまいます。手間をかけておまとめや借り換えをしたのに、借入残高が結局減らないということにはならないようにしっかりとし返済計画を練り直す必要があるのです。